誠実性があること

誠実性とは

 

請負契約に関して誠実性を有していること(法第7条第3号・第15条第1号)
建設業許可を受けようとする者が法人の場合は、その法人、役員、支店又は営業所の代表者が、個人の場合は、本人又は登記された支配人が、誠実性という、請負契約に関して不正または不誠実な行為をする恐れがないことを示さなければなりません。

 

不正または不誠実な行為の具体的事項
1.建築士法・宅地建物取引業法等で「不正な行為」または「不誠実な行為」を行ったことにより、免許等の取消処分を受け、その処分の日から5年を経過していない場合
2.暴力団の構成員であること
3.暴力団により実質的な経営上の支配が行われていること

 

[不正な行為とは]
請負契約の締結や履行の際に、詐欺・脅迫・横領等の法律に違反する行為

 

[不誠実な行為とは]
工事内容や工期など、請負契約の内容に違反する行為

 

 


サイトマップ

トップへ戻る