経営上の管理責任者

建設業の許可を取得するためには、まず経営業務の管理責任者を1名置く必要があり、次の(1)、(2)いずれかに該当することが必要です。

 

経営業務の管理責任者とは、法人の場合は常勤の役員、個人の場合は事業主本人や支配人で、経営業務を総合的に管理し、執行した経験を持つ者をいいます。

 

(1)許可を受けようとする業種について5年以上、経営業務の管理責任者としての経験を有している方
(2)許可を受けようとする建設業以外の建設業に関し、6年以上経営業務の管理責任者とての経験を有している方

 

同一業種は原則5年、他の業種は原則6年と覚えてください。

 

経営業務の管理責任者としての経験の証明について

 

建設会社の役員、個人事業主、その他支店長等の地位にあって経営業務(契約業務も含む)を総合的に執行した経験をいいます。

 

経営業務の管理責任者の経験については、過去の経験を証明する書類にて証明を行います。経験について、実務経験の期間分を証明する建設業許可証の写し(なければ、確定申告書等)と、登記簿謄本等と、請負契約書(または工事請書、注文書、請求書等)の写し等で証明します。


サイトマップ

トップへ戻る