事例で見る 建設業許可の種類  

①会社の営業所は神奈川県内の1か所のみ 仕事は大手からの下請けがほとんどで元請はすべて3000万円未満。すでに大工工事業で「一般」の許可を受けており もうすぐ「更新」の時期です。 更新の際に左官工事業で「一般」の許可を受けようと思っています。

①の場合:「知事許可」「一般の更新」「一般の業種追加」

②建築工事業(建築一式工事)で「特定」の許可を受けています。その更新と同時に土木工事業の許可を「一般」で受けようと思っています。この場合の建設業許可の種類は? 営業所は神奈川県と東京都の2か所です。

②の場合:「大臣許可」「特定の更新」「一般の新規(般・特新規)」

③A社(静岡県内で2か所の営業所)、「一般」で内装仕上工事業の許可を受けている。近日中に「更新」の予定ですがその際に「一般」で塗装工事業の許可を、「特定」で防水工事業の許可を受けようと考えている。

③の場合:「知事許可」「一般の更新」「一般の業種追加」「特定の新規(般・特新規)」

④B社 「一般」でとび・土木工事業の許可を受けています。今回、「特定」で建設工事業の許可、「一般」で石工事業許可を受けたいと考えています。営業所は千葉県の一か所のみ。

④の場合:「知事許可」「特定の新規(般・特新規)」「一般の業種追加」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です