建設業とは 建設業許可は必要?

建設業とは、建設工事の完成を請負うことをいいます。簡単に言うと家を建てたいAさんから工事の注文を請けた〇〇建設や△△工務店が建設業に該当します。

建設業許可は必要?

建設業許可が必要ない場合

建築一式工事の場合:①1件の請負代金が1500万円未満の工事(消費税含む)    

        ②請負代金の額に関わらず、木造住宅で延べ面積が150㎡未満の工事  

(主要構造部が木造で、延べ面積の二分の一以上を住居の用に供するもの)

建築一式工事でない場合:1件の請負代金が500万円未満の工事

            (消費税含む)

建設工事の完成を請け負う建設業者は建設業許可を受けることが義務付けられています

ポイント:建設業の許可が必要ない工事でも、ほかの法律により登録が必要な工事があります。

①浄化槽工事を営む場合は、請負金額に関わらず「浄化槽工事業」の登録、届出が必要になります。     

②解体工事業を営む場合は、請負金額に関わらず「解体工事業」登録が必要。ただし、建設業許可のうち「土木工事業」「建設工事業」もしくは「解体工事業」のいずれかの許可を受けている場合、登録は不要。

建設業許可申請ができる者は 

①建設業を営む事業所に所属する者

②建設業者から申請業務を委任された代理人               

 この場合委任状が必要になります。  

③建設業関連の組合

④行政書士

⑤税理士・公認会計士

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です